2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
プロフィール
CookClock
メールフォーム
いらっしゃいませ!
♪素材集♪
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
はーの生まれてくるまでの話(その5~羊水検査で入院)
2006.01.27 (金)
前回の続きです~

初めての方は、カテゴリーの、りんご病の話からどうぞ

次の診察の時に、「羊水検査」を受けることにした旨を伝えた。この時、私は妊娠第13週であった。

「検査は14週から、遅くとも17週までにしないといけないからね」

M先生は、さっそく検査の日程を決めはじめ、入院の予約等の手配を頼んでくれた。

私の「羊水検査」は、妊娠第15週の週末の金曜日に行われることになった。その日から、2週間後であった。

K大学病院では、「羊水検査」は、一泊二日の入院で行われていた。

検査当日の日の朝、9時に入院受付へ。。。


 ■■■ランキング、クリックいつもありがとうございます(^o^)■■■

   にほんブログ村 子育てブログへ   人気blogランキングへ   子育てブログランキング

【続き】

受付をすまし、母子センターへ。。。

K大学病院には、母子センターがあり、産婦人科の入院患者さんは
こちらに入ることになる。

ナースセンターの受付で、名前を言うと、担当の助産師Sさんが出てきて、応対してくれた。

体重と血圧の測定、採血のあと、病室に案内された。

午前10時 赤ちゃんの様子をエコーで診る。赤ちゃんは元気に動き回っていた。

正午 昼食、抗生剤(サワシリン)を服用

午後1時 内診と腹部エコー。入院中の担当医師A先生が、念入りに赤ちゃんの位置を確認する。

何枚か顔のアップを探しあててくれて、プリントしてくれた。

「この頃のねえ、赤ちゃんは、みなさん評判わるいんですよ~まだ、あまりお肉ついてませんからね~」と言って、まるで、宇宙人のような顔の赤ちゃんの写真を撮ってくれた。

赤ちゃんの様子も、特にむくみなども見られず、元気とのこと。。。

ちょっと安心。。。




午後2時 羊水穿刺

担当のS助産師さんが来て、検査のための色々な用具を持ってきた。

検査の用意の間、S助産師さんと色々な話をした。



りんご病になってしまったこと、

赤ちゃんに元気に育って欲しいこと、

それなのに、こうやって「羊水検査」に来てしまったこと。。。

話しながら、私は泣いていた。。。

「大丈夫だよ、大丈夫だよ」と言って、彼女もいっしょに泣いていた。。。



A先生が来られて、いよいよ羊水穿刺がはじまった。

まずは、エコーで、赤ちゃんの位置の再確認。。。

「あれー、さっきから180度、回転しちゃってるよーー」と

困った声。。。

それから、B先生、C先生と、なぜか3人も先生方が見えて、「あーだ、こーだ」と言っている。。。

どうも、針をさす位置が微妙らしい。。。

んーーーー不安。。。

ようやく、針を刺す位置が決まって、お腹に消毒液が塗られた。。。

ピタピタピタ。。。と、なんか冷たい。。。

A先生も、すごく真剣な面持ちで、羊水穿刺用の器具を構えた。。。

針が刺さった。。。

少しチクッとした。。。

羊水が抜かれているのか、なんか少し、鈍い痛み??

私は心の中で「いーち、にーい、さーん。。。」と数えたはじめた。

S助産師さんは、不安そうな私の、足をずっとさすっていてくれた。

「、、、ひゃくにじゅう」で、やっと、針は抜かれた。

すごーく、長い時間に感じられた。

A先生も汗だくになっていた。




とりあえず、無事、終わったようだった。。。

続く。。。



 ■■■ランキング、クリックいつもありがとうございます(^o^)■■■

   にほんブログ村 子育てブログへ   人気blogランキングへ   子育てブログランキング









スポンサーサイト
【記事編集】 01:49| りんご病の話| トラックバック:0| コメント:4Top↑
コメント
●羊水検査って・・・
お腹に針を刺して羊水を採るんですね。
知らなかった。
入院までしての検査は余計に不安ですね。泣いてしまったちゃーママさんの気持ち、なんだか痛いほど分かります。
はるみ | 2006.01.27(金) 20:49 | URLコメント編集
ちゃーママさんのお話読むまで、りんご病がこんなに危険な病気だなんて知りませんでした。
つわりもそれほど重くなく、のほほんと妊婦していた私のような人間もいれば、ちゃーママさんのような体験をする母もいるんですよね。
妊婦さんは小さな命を抱えてる体なんだものなぁ。
yuyu | 2006.01.28(土) 08:57 | URLコメント編集
●兄弟助け合い!
お兄ちゃんのクラスの友達で、5人兄弟の子がいます。
第1子がダウン症、下の4人は健常児です。
きっと、親がいなくなってからもみんなで助け合って欲しいと思って
たくさん産んだのかもしれないね。
末っ子がもしそうだったとしてもきっと同じだよ!
つぐちゃんママ | 2006.01.28(土) 10:08 | URLコメント編集
>はるみさんへ
コメントありがとうございます♪
そうなんですよ~針さすんですよ!!
赤ちゃんに刺さったら。。。想像したくないですね。。。

>yuyuさんへ
コメントありがとうございます♪
上の子の妊娠のときには、私もyuyuさんタイプで、つわりなしで元気いっぱいの妊婦でしたよ。。。
はーの時も、影響を心配する以外は、元気でしたけど、精神的にきつかったですね。。。

>つぐちゃんママさんへ
コメントありがとうございます♪
5人兄弟はすごいですね(^^♪
私の中では、今でも羊水検査をしたことが、しこりになってます。。。
うまく言えませんが。。。
ちゃーママ | 2006.02.01(水) 17:10 | URLコメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ポチっとね!!
お気に入り♪
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。